家を建てる!頼れる住まいの職人たち

液状化の深刻な問題

皆さんは「液状化」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。
もし賃貸のアパートに住んでいる場合には正直そこまで地盤のことを考えることはありませんね。
高い家賃を毎月支払っているわけで、もし問題があれば「引っ越し」をするというオプションもあるからです。
しかしもし自分の戸建てを建設するときにはもちろんこのことに関してしっかり考えておかなくてはいけません。
今日はこれからマイホームを持っている皆さんに役に立つ情報を取り上げてみたいと思います。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
まず液状化というのはきっと皆さんがイメージしている以上に怖い問題です。
例えば家が0.3度傾くと私たちはすぐにこの異変に気づくと言われています。
そして1度程度傾くとその家には住むことができません。
なぜでしょうか。
なぜならそれだけの角度で吐き気とか頭痛、めまいを感じてしまうと言われているからです。
そして液状化してしまった家を元に戻すにはそれくらいの料金がかかるのでしょうか。
これは皆さんもさすがに想像がつかないでしょう。
色々調べていくと、軽度の液状化現象が行った場合、傾いた家を元に戻し補強工事を行うのに平均で1000万円かかるといわれています。
戸建て建設のために多額のお金を使ったのにさらにこんな大金を支払わなければいけないとしたら皆さんはどう感じるでしょうか。
もしかしたら住宅ローンを組んでいる場合などは特にその返済が厳しくなることも容易に想像できてしまいます。
ではこうしたことを防ぐためにどんなオプションが私たちにはあるのでしょうか。
そうです、新築するときにこの液状化対策の工事も行うのです。
具体的には地盤をより固めたり、液状化現象が起きても傾きにくい家の構造を採用することができます。
実際にどんな工事や構造が今まで成果を出しているのか皆さんも実際に調べてみた方が良いでしょう。
今の時代だれにでも起こり得ることですので注意していきましょう。
オススメのサイト

Copyright (C)2018家を建てる!頼れる住まいの職人たち.All rights reserved.