家を建てる!頼れる住まいの職人たち

地盤調査の必要性とは

きっと自分の家の建設予定地が決まると本当にワクワクしてくるものですね。
早くもそこに建つ自分の戸建てのイメージを色々膨らませるのではないでしょうか。
しかし少し待ってください。
そんなに急いで事を進める前に行うべきことが結構沢山あるのではないでしょうか。
その中の一つが「地盤調査」というものです。
皆さんはこうした自分たちで行う地盤調査に関してどこまでの理解を持っておられるでしょうか。
今日は時間をとってこの事を少し一緒に考えてみましょう。
せっかく高いお金を出し家を建てるのですからもちろん確かな土地に施工したいですよね。
この点で皆さんは「住宅の品質確保の促進等に関する」法律というのをご存知でしょうか。
この法律が登場することによって地盤調査というのは必須の事になりました。
なぜならもし地盤沈下などで家が傾いたときには基礎に欠陥があったということで施工者がその保証をすることになっているからです。
ですから皆さんにはこうした機会を最大限に利用して地盤調査を行ってほしいと思います。
しかしここで気をつけたいのは地震が起きてその結果地盤が沈下したり、液状化現象が起きたときにはこうした保証ではカバーされないということです。
では実際にどんな方法で地盤調査を行うことができるのでしょうか。
実はこの時代には色んな方法が開発されていますが、コスト面などで採用されている方法は決して多くはありません。
その中の一つは「スウェーデン式」のサウンディング検査というものです。
これはドリル状のものを地中に入れていき、どれくらいの沈みができるのかをみるというものですね。
名称の通りこの方式はスウェーデンで開発され、日本でも長年用いられてきました。
何よりもメリットは試験費用が他のものよりもはるかに安いということです。
さらに既存の建物があっても試験を問題なく行うことができるという点でしょう。
ぜひ皆さん自身でも大切な家のためにしっかり調べてみましょう。
オススメのサイト

Copyright (C)2018家を建てる!頼れる住まいの職人たち.All rights reserved.